コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2018年5月20日

(2018GW後半戦2日目・2)高森湧水トンネル公園


南阿蘇に位置する高森町の観光名所として知られている「高森湧水トンネル公園」
その存在は前から知ってはいたが やはりオッサンの一人旅ではなかなか散策する気力もなくて今まで未訪問のスポットだったが どんなものか知りたくてちょっと覗いてみることに♪


ココがどーゆー場所かというと・・・

要するに鉄道を通すためにトンネルを掘っていたが 度重なる出水事故で工事そのものが断念されて、その跡地を公園として整備したという場所じゃ。出水そのものは今でもあって 高森町の水源として利用されているんだそうな。


トンネルそのものは2キロくらいあるんだが、七夕やクリスマスなんかにはイルミネーションで飾られるみたいだ。で、特に関係ない今の時期はと言えば・・・



歴代のイルミツリーが飾られているんだが、地元の企業や学校、老人ホームや病院などの団体が作った手作り感満載のものばかりじゃ(´ー`)


・・・なぜ日本人は綺麗な水をみると一円玉を放り入れたくなるんだろうか?


ま、歩くだけで特に何がどう、というものでもないんだな。アベックなんかが歩くにはいいかもしれないがオッサン一人では絵にならないぞ。


それでも入場料300円を徴収されるんで いちおうイベント的な見所も用意されている。
この「合わせ鏡の間」では定期的に天井に映像ショーが映し出されている。



一番の目玉は終点手前のココ、「ウォーターパール」という水玉と光のショー。




で、終点はコチラ。水神様が祀られているが とりあえず柄杓がおいてあったんで湧水を一杯だけ頂いて、と。

ふぅ・・・ (-。- ) 

ま、どういうところか判っただけでも良しとするか・・・
ここはトンネルの中なんで気温は常に一定。夏は涼しくて冬はすごし易い温度をキープしているらしいんで まあ、そういう利用をするのが一番良いんだろうな。やっぱりオッサン一人では少々キツイような気もするけどな。

てなわけで サッサと次に進むぞッ!!( ゚Д゚)クワッ

2018年5月19日

(2018GW後半戦2日目・1)阿蘇白水温泉 瑠璃

鍋の平キャンプ村を撤収して九州の旅2日目に突入。

まずは体を清めてサッパリするために朝風呂などを堪能したいところなんだが・・・
鍋の平キャンプ村は高森町にあるんで 同じ高森町の公営入浴施設「高森温泉館」の割引券が自販機で売られてて その流れで温泉館に向かうのがセオリーだと思う。
あと、露天風呂と泉質が評判の「月廻り温泉館」も非常に人気なんだが・・・

両方とも何度か入浴済みなんで 今回は未入湯の施設ということを重視して「阿蘇白水温泉 瑠璃」なる施設をチョイスしてみたぞ♪



ここは宿泊可能な立ち寄り温泉施設で 物産館や食事処なんかもある 文字通り地元民と訪問客の交流を目的とした施設。資本が良くわからないけど たぶん第三セクター的な公共施設じゃないかな?
阿蘇山の麓、湧水でも有名な南阿蘇村に位置しているんで もちろん天然温泉が使われているぞ。



白水温泉・阿蘇白水温泉 瑠璃

熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関1260-1
泉質 :ナトリウム-炭酸水素塩泉 PH7.1 56.1℃
効能 :きりきず・やけど・慢性皮膚病など
営業時間 :8:00~22:00 第4水曜休
料金 :300円

************************



館内にはこのような立派な庭が。





館内は木材がふんだんに使われて なかなか凝った作り。



これは瑠璃ホームページより拝借した浴室の画像だが、メインの大浴槽のほかに浅めの中浴槽・小浴槽、サウナ水風呂、打たせ湯という内容。
この日は露天の設備が故障ということで露天は利用できなかったが、これだけ広くて小奇麗でアメニティもしっかりしていてサウナ付きで300円という価格設定は さすがに阿蘇というか コスパが素晴らしいな。

泉質はインパクトは薄いが とろみ感のある肌に優しい感じの一品。
源泉掛け流しと循環利用の2種類があるようだが 浴槽の構造や肌触りを考えると 内湯はたぶん循環じゃないかなあ?今回利用できなかった露天がもしかしたら掛け流し湯なのかもしれない。

まあ、お湯に関しては万人受けするタイプだと思うし こーゆー施設なんで循環殺菌利用も仕方ないと思うんだが、わし的にはこの内容でサウナが付いて300円という内容だけで結構感激してしまったんで オススメ度は高いと思う。



これは特産品売り場の様子。建物自体が非常に凝った作りなんで 宿泊・休憩・食事などの観光拠点として利用価値は高いと思うんだが、あんまり目立っているとか認知度が高いという印象がないのは気のせいだろうか?

あと、朝一番の訪問だったんで今回は食事はしていないが ネットの口コミ情報では接客と食事の評価が非常に高いんで 次回利用することがあれば食事処はチェックしておかねばなるまいなあ・・・(´ー`)

2018年5月18日

(2018GW後半戦初日・3)鍋の平キャンプ村

鞍岳を離れてやって来たのは 阿蘇根子岳の麓 標高680Mの位置にある「鍋の平キャンプ村」



阿蘇エリアにはキャンプ場はいくつかあるが ここは老舗というか昔からあるキャンプ場で 今風の高規格キャンプ場とは一線を画す自由度の高い、別の言い方をすればキャンパーのモラルとセンスにお任せという施設じゃ。



ココに来るのは何年ぶりかになるんだが、ここは予約不可なんでフラッと来て空いてるスペースにテントを自由に張れるシステム。
入村料が500円、テント一張り500円で あわせて1000円という明快な料金システムで 敷地は広いんでどこかしらテントを張ることができる。



そーゆー感じのキャンプ場だから ソロキャンパーやバイクツーリングキャンパーの御用達となっているわけだ。



牧場と柵で仕切られているんで あまり柵の近くにテントを張ると朝方に牛の襲撃を受けたり 滝のような排尿の音で目を覚ますことになるから要注意じゃ(´ー`)




こちらは管理棟。傍にトイレと炊事棟があるぞ。



入村料その他は管理棟の自販機で購入。タープもそうだが やっぱソロテントとファミリーテントも一律料金なのがわかり易いというか割が合わないというか・・・

個人的にはタープ料金で別途500円徴収されるのがソロキャンパーには割高に感じられるところがマイナスポイントだが・・・そういうときのためにアマゾンでタープ前室付の中華テントを購入したはずなんだがな。実家に置いたままで持ってくるのを忘れてたぞ"(-""-;)"



とりあえず敷地の隅っこの方で陣地を獲得して いつものスピットファイアを設営の図。



う~ん、カッチョええのぅ・・・(´ー`)(←自己満足)

ここは設営と撤去の時だけ車やバイクを乗り入れることが許可されているが 作業が終われば速やかに駐車場に移動する必要があるぞ。



設営を完了させて車で数キロの高森の国道沿いのスーパーまで買出しに行き、さっそくディナー。惣菜のギョウザと焚き火で焼き焼きするためにハムステーキなんぞを買ってきて まったりしようと思ったら・・・

日没と同時に天気が急変して雨になったんで 結局焚き火もできずテントに篭ることに。



肉が焼けなくなったんで仕方なしに非常食として持ち込んでいた米とレトルトカレーなどでディナー。

スピットファイアはインナーとフライの間にスキマがほぼ無くて 今どきのテントにあるような「前室」という概念がない。なんせ靴を置くようなスペースもないからな。
トンネルテントなんで室内は広いし換気システムはしっかりしているんで 自己責任ではあるが とりあえずメスティンで米を炊いたりコーヒーを飲む湯を沸かしたりはできるわけだ・・・

雨も結構な勢いだったが それより風がやたら強かったのが耳障りだったな・・・あの状態では別料金を払ってタープを張ってもすぐに撤収しなくてはダメだったんじゃないかなあ?
しっかり設営してタープがなんとか飛ばされなくても風になびく音が響くだろうし なにより「飛ばされるんじゃないか?」と不安で眠れなくなるだろうし。

**********************



明け方になって風も収まり 日が昇って目を覚ませば昨夜の雨風が嘘のような快晴だったぞ。夜だけ雨というのは 考え方によっては運が良かったのかもしれないけど・・・

ちょいとサイトを散歩がてらパトロールしてみたが やっぱり風で散乱したゴミ、倒壊したタープやテントが見受けられたな。
若い4人組の兄ちゃんグループは夕方に購入したばかりと思われる新品テントを箱から出して設営していたが 無情にも風で前室がひん曲がっていたんで おそらく使用初回でポールにダメージでもくらったんだろうなあ・・・(´□`)

と、いうわけで雨が降った割に風があったせいで目を覚ましたときは ほぼテントも乾いていたんで さっさと撤収して出発じゃ!!

九州旅行2日目は いよいよ椎葉村に向かうぞっ!くはっ!!

2018年5月17日

(2018GW後半戦初日・2)四季の里旭志

鞍岳トレッキングを終えて汗を流すために立ち寄ったのは 鞍岳中腹にある複合アウトドア施設、「四季の里旭志」



ここは天然温泉、レストランカフェ、キャンプ場、ふれあい動物広場、しゃくなげ園、バーベキューハウスなどが整備されている総合施設。都会の生活から離れて自然の中で大人から子供まで楽しめる小奇麗なスポットじゃ。



鞍岳トレッキングのあとに汗を流してゆっくりするにはベストな立地条件、というか 実質 鞍岳に登ればココを利用するしか他に選択肢はあまりない、という環境でもあるかな?とりあえず鞍岳周辺に来るなら外せないスポットであることには間違いなかろう。



・・・ポンプの故障で温泉は使えないみたいだな(・ω・) まあ、汗を流すことが目的だから地下水温泉でも別に良いんだけどな。



キャンプ場やバーベキューハウスなんかもある施設なんで このように薪なんかも売られている。



売店にはスノーピーク製品を扱っているコーナーもあるんだな・・・

わしのようにソロキャンプメインの活動をしていると 料金的になかなか厳しいものがあるが、ファミリーやグループキャンパーには小奇麗だし そんなに高価というわけでもないし なにより設備が整っているんで使いやすいかもしれないな。
わしなんかは普段、無料や格安の どちらかといえば自然に近いキャンプ場、もしくは昔ながらの教育目的の野営場を狙って利用しているんでアレなんだが、ここで遊んでいる子供たちを見ると少し上品というか「いいとこの坊ちゃん嬢ちゃん」という 育ちの良い印象だったな。まあ、よそ様のお子様の感想はどうでもいいんだが。



とりあえず 汗を流すことが第一義なんで さっそく浴室へ向かおう。
なにやら年表が掲げられているが 湧き出るお湯が1000年前の雨水だということが言いたいようで 歴史上の人物に特に意味はないみたいだ"(-""-;)"


2018年5月16日

(2018GW後半戦初日・1)阿蘇鞍岳~ツームシ山

鞍岳山頂より #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


と、いうわけでGW後半なんだが、今回は「今まであまり足を踏み入れてない、それでいてあまり観光客の居ないような静かなエリア」ということで検討して 九州の山間部・・・ズバリ、「日本三大秘境」の一つとしても知られる宮崎県・椎葉村を中心に散策することに。

このエリアはいわゆる「九州脊梁」と呼ばれる山々の連なるエリアで わしもいつかは国見岳・白鳥山・仰烏帽子山などの山を歩きたいと思っていたし、それらを歩くにはシャクヤクや石楠花なんかも咲き誇る今の時期が一番良い、とは思っていたんだが・・・



さすがに山深いエリアで 山口からでは距離もあるし、なによりGW前半の赤石山系のトレッキングでかなり足腰にダメージが残っていたんで そのエリアの山歩きは今回は見送り。



でも やっぱり一つくらいは山を登っておきたいんで もう少し難易度の低そうでアクセスも近い 阿蘇外輪山の「鞍岳(1118.3M)~ツームシ山(1064M)にトライすることに。



例によってトレッキングレポはYAMAPにアップしているんで そちらを参考にしてくだされ~(´・ω・)ノシ



GW後半はこの阿蘇から始まって 椎葉村、人吉、そしてまた阿蘇に舞い戻る、というルートを4日間かけて歩き回っていたが、走行距離約900キロ、それなりにネタも獲得してきたんで おいおいアップしていく所存じゃ。

ちょいと長丁場になると思うが ヒマな人はお付き合いの程 よろしくおねがいしまするる~♪