コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2017年4月28日

(再録・日本一周記021)2003/07/13・海と山と地底と33・・・

第21日目 高知県夜須町~土佐山田町~室戸市~徳島県宍喰町~海南町~木沢村~神山町~徳島市~那珂川町)



朝4時40分、お日様の上がる前に起床・・・・

今回 野宿に利用した「道の駅・やす」は裏に海水浴場があったりするんだが、今日は日曜ということもあって朝から大学生と思われるグループがやって来て騒ぎ出したんで うるさくて目を覚ましてしまったではないか・・・
ふと見ると男がふざけてフルチンで駐車場を走り回っているし・・・朝から見なくていい物体を見てしまったなあ・・・

例によって8時過ぎまでHPの更新を行った後 昨日遅くなってしまって見逃したポイントを確認するために再び高知市に。 ネットで調べたところによると高知市には「地球33番地」なる謎のポイントがあるらしい・・・そういう怪しげなものは見逃すわけにはいくまい。

町の中央を流れる「江の口川」の「だいたいこのあたりかな~?」というところをウロウロしていると あっさり「地球33番地通り」などという道路を発見・・・ふと河を見てみると おお、あったあった♪

これこそこの場所が東経133度、北緯33度33分33秒であることを示す 「地球33番地の表示塔」なのだ!

「それがどうしたの?」などという根源にかかわるような質問には一切お答えできないぞっ!

ちなみにホントの33度33分33秒の場所は川の中で ちゃんとその位置にも左のようなオブジェが祀られているのだ。



わしもちゃんとこの4本の柱の中に立って宇宙的なエネルギーを吸収してきたぞっ!(そういうものなのか?)

高知県最大の都市として名を馳せる高知市なんだが すでにわしにとって用はないんで そそくさと後にして次の目的地「龍河洞」に向かうことに・・・。







これが日本三大鍾乳洞のひとつ、「龍河洞」だ。日曜日だというのに開店同時にやってきたんで客もほとんどいなくてスムーズに見る事ができたぞ♪


山口県の秋吉洞、沖縄の玉泉洞なんかに比べて通路がちょっと狭いが なかなかのものではあるな。



なんでもここは古代人が住居として住んでいたんだそうで 右の写真は暗くて良くわかんないだろうけど 鍾乳洞の雫を浴びつづけて化石化した土器。これがココの一番のウリではないのかな?

ここの洞窟は重要ポイントの岩陰にオバサンが潜んでいて 客がやってくるとおもむろに現れて解説をしてくれるのだ。
ずっとこんなところにいて冷え性にはならないのかしら?

それより客が他に居なかったんで ちょっとしたオバケ屋敷みたいだったぞ・・・

**********************

2017年4月27日

(再録・日本一周記020)2003/07/12・雨のはりまや橋・・・


第20日目 窪川町~大正町~梼原町~東津野村~須崎町~土佐市~高知市)

朝6時に起床・・・昨夜はちょっと小雨がぱらついたみたいだが おかげで暑くも無く寒くも無い快適な睡眠が得られたようだ。

今日の予定はちょっと北上して四国カルスト、それから都市部に入ってはりまや橋を見てガッカリするという感じなんだが この旅行も最初に雨に見舞われていたものの沖縄に渡ってからは天候に恵まれてきた訳だが そろそろ梅雨前線が不安定になってきて今日あたりは天気予報も降水確率が高そうなことを言っていたな・・・

ましてや友人で天下無双の雨男、HANTが熊本あたりに一人でツーリングに出かける計画を立てているらしい・・・・そんな火に油を注ぐような・・・いや、梅雨前線に湿った空気を与えるようなことをされては親友であるわしまでもが雨に見舞われるのは必至であろう。(何故?)
これは早めに行動を起こさなければ・・・



と、そのまえに「道の駅・あぐり窪川」のレストランでモーニングをやっていたんで 朝定食などを・・・って、全然急いでないじゃん。

焼き魚、卵、酢の物がついて450円。 なんか初めて道の駅でまともなものをマトモな値段で食べたような気がするなあ~。



まずは昨日、宿泊場所にしようと思いながらも あまりの淋しさに断念した「道の駅・四万十大正」に向かう。



ここの道の駅は四万十川の流れるすぐそばにあるわけだが 施設そのものは特にめぼしいものがあるわけではないぞ。
ただ 延々とつづく山道にあるんで休憩所としては必要不可欠な存在なわけだな。

ここのウリはもしかしてこのトイレかな?「ミュージックトイレ」と名付けられたこの設備は 人が入るとセンサーが作動して さとう宗幸の熱唱する四万十川のテーマが流れるという趣向だ。

ちなみにこの写真は四万十川。このあたりの川は無数に枝分かれしているが みんな四万十川なんだな・・・

***********************

2017年4月25日

今季初キャンプ in 芸北!

莇ヶ岳~弟見山のトレッキングを終えたわしは 鹿野ICから高速に乗って一路 広島へ。

鹿野の山を登るのであれば近場の新平が原キャンプ場で良いんじゃないか?という思いもあったんだが 折りしもこの日はこと座流星群の極大ということで なるべく夜空の広い場所に行きたかったし、「芸北で水芭蕉が見頃を迎えているらしい」という怪情報もゲットしていたんで 当初の予定は聖湖キャンプ場を考えていたのじゃ。ソロでも聖湖ならあんまり怖くないしな。(←怖がり・・・)

が、友人いしが二川で夜桜見物と絡めてキャンプをしている、というんで 予定を変更して合流することに。

***********************

わしが二川に到着したのは6時過ぎだったかな?夕方の写真は撮ってないが サクッと寝床を設営して そのまま登山の汗を流すために芸北オークガーデンへ。
友人いしは夜桜見物で湯冷めするのが怖いから、と 日が暮れてから桜見物へ。

わしもいしも基本はソロキャンプ嗜好だから 一緒に行動しているようで案外と自分勝手に動いているぞ (-。- )



で、温泉からの帰りに立ち寄ってみた こちらが友人いしの目的地、ライトアップされた地久院のしだれ桜



二川でキャンプをすると芸北温泉はセットになってしまうから ルート沿いにあるこの桜の存在は当然知ってはいたが 桜の季節に二川でキャンプをする、というタイミングの問題もあるし 友人いしのようにココの夜桜見物のためにセッティングをするほど桜に執着も無かったんで まじまじとココで花見をしたことが無かったなあ・・・







その後はキャンプ場に戻って 焚き火を挟んでグダグダと話をしながら夜が更けていく・・・

満天の二川キャンプ場 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



流れ星は肉眼では2つほど確認したが 残念ながらカメラでは撮影できなかったな。
まあ、流れ星の撮影なんてタイミング次第だし、バルブをずっと開いて撮影するような根気も無かったんで THETAの撮影を何枚か適当に行なっただけで止めておいたぞ。寒かったしな。(←写真撮影にも執着無し・・・)



日中はそれなりに暖かかったが さすが高原、夜になると底冷えが襲ってきてかなりの冷え込みだったぞ。
朝方に目を覚ましたときは 雪でも降ったかと思うくらい地面が霜で真っ白になっていたからな。

今回は久しぶりにタープ泊に挑戦したんだが 風が無かったし、ガスストーブをセットしていたんで なんとか睡眠をとることができたぞ。ちょっと浅い眠りだったけどな・・・

それもキャンプの醍醐味ッ!!( ゚Д゚)クワッ

***************************


2017年4月23日

筯ヶ岳~弟見山 カタクリロードを行く!

ひさしぶりに何の迷いもない晴天の週末・・・

そろそろGWの予定をあれこれ考えて落ち着きのなくなる時期となってきたが ネットで「弟見山のカタクリが見頃」との情報をゲットしたんで カタクリトレッキングと今年初キャンプを決行することに。

******************



ココのカタクリが知られるようになってそんなに年数はたってないと思うが、さすがにシーズンだけあって駐車場には車がけっこう停まっているぞ。

国道315号の案内板から入ると途中に石鎚神社を見ることが出来るが 筯ヶ岳は山岳宗教の雰囲気が感じられる鎖場で人気のある山で、わしもトレッキングを始めた初期に登っているが 今回は2度目のトライじゃ。



久しぶりに来たらいろいろ手を加えて整備されていて 明るい雰囲気になっていたな・・・あと、正面のメインルートのほかに右手にブナ峠コース、駐車場入り口左手に松ノ木尾根コースの看板が付けられていたな。



林道を歩くとしばらくして山の中に入る看板が。



最初は植林地帯の急斜面を黙々と登るコース。
「こんな感じだったっけ?」と若干 記憶との違いがあったが もしかしたら昔 登ったのは強烈な心臓破りの斜面だった記憶があるんで「松ノ木尾根コース」だったかもしれないな。



植林帯を抜けると自然林のコースとなる。やっぱりしばらくは急斜面が続くぞ。



くんずほぐれつ・・・(-_-;)



桜が終わるとミツバツツジの季節か・・・



分岐に出てきたが これを右に曲がると筯ヶ岳名物の鎖場、左は頂上に向かう迂回路となる。



それっぽい岩が見えてきたが・・・



鎖場は一の鎖から三の鎖の3種類。1の鎖は単純に修行用(スタート地点まで行くのに難がありそう・・・)、2の鎖は登り切ると不動様が迎えてくれる ほぼ垂直な岩。
頂上まで行くのはメインの「三の鎖」だが、



昔登ったときはそんなに危険な感じでもなく スイスイ登ったような記憶があるんだが やはり歳のせいメタボのせいなのか 今回はやたら苦労したし怖かったぞ・・・

周南市 アザミヶ岳 鎖場より #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


上から見るとオーバーハングして下が見えないが とりあえずこれを登りきれば頂上じゃ!!



***********************

2017年4月22日

カタクリロード

アザミヶ岳〜弟見山登山、のちキャンプなう。
詳細は後日にて。

眠たいから寝るっ!

iPhoneから送信