コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2017年7月10日

(再録・日本一周記042)2003/08/16・マニアックに下北を行く


(第42日目) 大間町~東通村~むつ市~大畑町~大間町



朝5時起床・・・今日は一日晴れ渡る予報なんだが やっぱ太陽が出るまでは寒いのう・・・もう自動販売機にはホットコーヒーを仕込んで欲しいんだが そういうのにはまだ早いのかな?

例によって車の中でHPの更新をしたあと、朝から暖を求めて昨日と同じ大間温泉にて朝風呂を堪能。

大間に帰省しているOさんが盆の行事が終わったんで下北の案内をしてくれる、というので昼前に待ち合わせて尻屋崎に行くことに。いやいや、晴れて良かったな~♪

車でトコトコと進むこと 約一時間・・・むつ市から林の中を通る海に向かう道を進み 馬の脱走防止用と思われる妙なゲートをくぐると そこには草原と海原の 見るからにさわやかな風景が・・・。

ここが本州最北東端、尻屋崎だ。

灯台はレンガ式灯台としては日本一の高さを誇り 東北最古の洋式灯台なんだそうだが やっぱここで有名なのは「寒立馬(かんだちめ)」と呼ばれる天然記念物の放牧馬だろうな。

灯台付近に放牧されているんだが おとなしいのか慣れているのか人間に無関心なのかは知らないが 近づいても触っても別に嫌がる様子も無いんで並んで記念写真を撮りまくりだ!

よそ見をしながら歩くと馬糞を踏んでしまうことだけが注意点だな・・・。



尻屋崎で適当に時間を過ごした後、むつ市に戻って 昨日 不在で会えなかった「妖怪ハウス」に。

今回はこの妖怪ハウスの主人(に なるのかな?)であり この手のマニアックなグッヅのコレクターのTさんと ここにも作品をいくつか展示していた芸術家のNさんがいらしたのでお話しを伺うことに・・・・

芸術家とおたくコレクターの お二人の話は大変興味深かったんだが・・・・止まることを知らず、語る語る。(しかも口をはさむ余地無し・・・)

まあ わしは元々 語るより聞くほうが得意なんで そっちの方が良いんだが・・・





ここではTさんのコレクションのほんの一部を紹介しよう。

Tさんは旅館を経営しているんだが 広間にコレクションを展示してあるんで言えば見せてもらえるらしい。(一部に写真撮影不可の怪しい物体もあり)

わしは元々プラモやモデルガンの知識は乏しいんだが 友人のTARSHIやHANT、いしなどが見たら狂喜しそうなモノがぞろぞろと・・・

ちなみに左上の写真にチョコッと写っているジラースは「なんでも鑑定団」に出演したときにン万円の鑑定がついたものらしいぞ。



Nさん、Tさん、Oさんと鬼太郎キャラたちと記念撮影などを・・・

う~ん、、、、、何と言っていいやら・・・



お二人と話しをしていると どんどん時間も過ぎていって 気が付いたら4時過ぎに・・・何も食ってないんでとりあえずどこかで何かを食おう、ということに。

と、いうわけで 昨日ちょっとチェックしておいた「まさかりプラザ」2階の「各地の名物料理が食べられる」というレストランに行ってみた。

よく考えたら大間に来て名物のマグロを全然食べてないことに気が付いたんで ここでは「大間町マグロづくし定食」をチョイス。

さしみ、ヅケ丼、フライのマグロ3品にナマコの酢の物、味噌汁がついて1200円。

どうでもいいけどナマコのぶつ切りが妙に大きいな・・・



そのあと 恐山の近くにある「薬研(やげん)渓流」に行くことに。

ここは森林浴のメッカらしいんだが 目的はタダひとつ、ここにある露天風呂の「かっぱの湯」なのだ!

ここが薬研渓流の川沿いにある奥薬研温泉の秘湯「かっぱの湯」

渓流を見ながら温泉に浸かれる完全露天風呂で無料。もちろん湯舟と脱衣所しかないしタオル以外の持込は不可。「勝手に入ってくれ」というスタイルだな。

苔は生えまくり 落ち葉もぷかぷか浮いているが それさえ気にならなければ この雰囲気は感動するぞ。

湯船がひとつしかなく混浴なんで普段はどうしても男性客しかいないんだが 運がよければ(悪ければ、とも言う・・・)近くの旅館のオバチャンが集団で入っている場面に遭遇できるそうだ。(Nさん談)

ちなみにこの日はメンテ中で入れなかったが 壁を作って完全に男女別に区切られた「新・カッパの湯」というのも近くにあったぞ。
でも男なら やっぱ風情溢れるスタイルのこの「カッパの湯」に入るべし!!



で、これがこのあたりに延々と流れている「薬研渓流」。なだらかな綺麗な水よのぅ・・・

温泉もそうだが やっぱ紅葉の時期にくるのがベストかもしれないな。雪の積もった森の中の温泉と言うのも またオツのような気もするが。

とりあえず夜や夕方に行くのなら クマに注意だな・・・



すっかり日も暮れてきて薄暗くなってきたし、「クマが出るから早く帰ろう」ということで大間に引き返し、今日の散策は終了。
なんか急に日が暮れるのが早くなってきた気がするなあ・・・町自体も6時過ぎると商店がどんどん閉まって寂しくなるし・・・

対岸に見える函館の夜景の光をうっすら見ながら コンビニで買ってきた弁当を食べて ここでガソリン給油。(大間エネオス石油にて。37.41L/400.1K ¥4162)

この2~3日はあんまり走ってない割に エンジンを掛けながらパソコンを何時間もいじっていた事が響いて燃費が異様に落ちてしまったな・・・

8時すぎにフェリー乗り場に戻ってきて駐車場で就寝。 
さ、明日はいよいよ 北海道に上陸だな!




今日の一枚・・・
♪かっぱっぱ~ かっぱっぱ~


走行距離221K
出費金額寝起きのコーヒー・・・120円
大間温泉・・・370円
大間マグロづくし定食・・・1260円
ガソリン給油(37.41L)・・・4162円
コンビニにて弁当・その他・・・1042円
計・6954円


0 件のコメント:

コメントを投稿