コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2017年6月29日

(再録・日本一周記034)2003/08/08・山形、ガッタガタ・・・(←タイトルが思いつかなかったらしい・・・)

(第34日目)新潟県山北町~山形県温海町~朝日村~西川町~戸沢村~立川町~松山町~遊佐町




最近、日中はともかく 夜はパラリとひと雨来ることが多いな。寝苦しい時には少しありがたいし今までも睡眠中に車をアイドリング状態にしてエアコンをかけておく、ということはしなかったんだが やっぱり「エアコンが壊れて使えない」と宣言されるといざと言うときの逃げ場を失ったみたいな感じがして嫌だなあ。

今日 一夜を過ごした道の駅「笹川流れ」はJR桑川駅の敷地内にあって 駅の利用客と駐車場を共同利用するという変わった趣向だったな。何故か夜中に蚊がぷんぷん飛び回ってうるさかった&痒かったのが印象的だったなあ。
朝 5時に起床。

普段ならここで更新作業をするんだが この道の駅は真ん前が駅前の商店や民宿だったりするんでアイドリング運転で長時間居座りつづけることができない。 そんなわけで昨日は暗くてよく見えなかった「笹川流れ」を鑑賞しながら移動して海沿いの適当なスペースを見つけて更新作業。

午前9時 山形県温海町に突入。山形県の情報を得るために 県境に近い道の駅「あつみ」にとりあえず行ってみる。

「♪あ~つ~み、あ~つ~み、よびすてにしてぇ~~♪」(←「わらべ」の倉沢敦美のファンだったらしい・・・)


ここで早速 朝食代わりにオヤツなどを・・・

左の写真 上は山形名物の「だだちゃ豆」を使ったアイス。180円。

「だだちゃ豆」というのは枝豆のことらしく、他の場所に行ってもだだちゃ豆を使った「ずんだ餅」とか いろんな利用バリエーションが見受けられたな。使いやすい豆なんだろうとは思うが 山形の名物とは知らなかったな。
あと「ラ・フランス」も山形名物ということでアイスをはじめ いろんな菓子なんかに使われていたぞ。


下の写真は なんだかよくわかんないんで手を伸ばしてしまった庄内銘菓 「鯛諸越」とかいうもの。(読み方は不明・・・)

「硬く焼いたせんべいかな?」と思ったら いわ
ゆる落雁の一種だったな。まあ、普通の落雁と違い 菓子として食べやすくアレンジしてあったし 盆も近いからそれはそれで差し支えあるまい。
これはバラ売りで一個100円。

しかし「山形」と聞いても わしには花笠とか月山とか そのくらいしか知識が無いなあ・・・

結局「道の駅・あつみ」ではたいした情報も得られなかったんで とりあえず「月山のほうに向かい そのあとグルッと回って最上川に沿って再び北上、今日は鳥海山の麓の道の駅で夜を過ごす」という大まかな計画を立てる。

じゃ、今日はほとんどが運転時間だったんで(昨日ほどでもないけど・・・) いつものごとく 簡単にザッと紹介していくぞっ!


まずやってきたのが「道の駅・月山」。月山の入り口に位置し 山や道路の情報を提供する役割を持っているらしいが 「ワインの資料展示室」や 何故か「アマゾン自然館」なんていう施設もあったな。

でも一番気になったのが 施設内にあるこの「バンジージャンプ」のコーナーだ。
橋の中央に飛び込み台がセットしてあるんだが 一回5500円らしいぞ。

・・・ああ、わしが健康体なら是非とも試してみたいんだがなあ。心臓さえしっかりしてれば皆さんにわしの勇士をお見せできるのに・・・(←正々堂々と負け惜しみが言える立場だな、わしよ・・・)





「月山花笠ライン」から少しわき道に入って朝日村の中を走る道に進むと見えてくる「七つ滝」。もちろん日本の滝100選のひとつだ。

本当はここから程無くのところにある「湯殿山」に行きたかったんだが どれが湯殿山なのか はたまたどれが月山なのかが 山のほうに霞みがでていたんで今ひとつ良くわからなかったな・・・

どうでもいいけど「湯殿山」と聞くと おそらく10人のうち8人は返し言葉として「呪い村」というフレーズを思い出すんではなかろうか?(わしだけ?)
実際 朝日村の中を走って確かめてみたが そんなオドロオドロシイ雰囲気は全く無かったぞっ!(あたりまえか・・・)

寒河江ダムによって出来た「月山湖」のほとりにある「道の駅・にしかわ」から見ることが出来る月山湖の「世界一の噴水」。112Mの高さにまで水が吹き上げられるらしいぞ。

この道の駅で昼食、というか ちょいと腹を満たすためにオヤツなどを・・・(オヤツばっか)


デザートとして購入した「月山アイス」250円。これは「こくわ」とやらが材料に使ってあるらしいのだが 「こくわ」とはマタタビやキウイの一種で ビタミンCがレモンの10倍近く含まれている果物らしいぞ。

て、ゆーか キウイってマタタビの一種だったのか・・・

今日は高温多湿で 手渡された瞬間にアイスがドロドロと溶け始めたんで ゆっくり味わうヒマも無く飲み込むように食べることを余儀なくされたな。


オカズとして購入したタマキ・・・いや、玉こんにゃくの串。一本100円。味はタダのこんにゃくだっ!(こういうのが割と好きらしい・・・)


昼ご飯のメイン、「山菜おにぎり」。1パック3個入りで300円。これはこんなもんか。

どうでもいいけど食う順番が滅茶苦茶だな・・・


この道の駅で売っていた月山限定の「オリジナルロゴ入りTシャツ」だ。お土産にどうかな?

初めて見たのに 何かどこかで見たような懐かしいデザインがグッドだな。
(ちゅーか 単なるパクリ商品じゃないのか?)



さて、次の目的地は最上峡と やっぱり「滝100選」のひとつ 「白糸の滝」なんだが・・・

わしの持っている地図で見る限り 最短のルートは国道458号をひた走るようになっているぞ。わしはあまり車や人の多い都市部をドライブするのが好きじゃないんで 当然このルートをセレクトしたわけだ。

・・・結論から言うと これもとんでもない国道だったな・・・

九州や四国の400番台の国道でも えらく細い山道を延々と走らされたんだが、この国道458号はそれと同じように やっぱりいくつもの山と峠を越えるルートだ。

道路幅はそれなりにあるんだが 問題は舗装されているのが半分くらい、というところだな・・・ 最初に「あれ?」と思った時点で引き返せばよかったが 何キロあったかは知らないが結局40キロくらいを完走してしまったな。

最初と最後の方の道路は普通の国道だったが 途中の15キロくらいは未舗装じゃなかったろうか?アスファルトがあるような場所でも道路はボコボコに陥没してあるし むしろ砂利道のほうがパンクする確率は低そうだったな・・・

わしの車は車高が普通の乗用車の割に低いし こんな山の中でトラブッたらどうしようもないんで エラく気を使ったぞ。 

あと 途中で「チリンチリン」と熊よけの鈴を鳴らしながら歩いている登山者にすれ違った時にも 「ほんとにわしは国道を走っているのか?」と戸惑ったが・・・


そんなこんなで何とかマトモな国道47号に合流。これは日本3大急流のひとつ、最上川に沿って通っている道だ。どうやら「最上峡」というのは よくある渓谷ではなくて 山々に囲まれて流れている この国道47号そのものの景観を指すみたいだな・・・

で、これが「奥の細道」にも登場したと言う「白糸の滝」。対岸なんでデジカメでは画像に限界が・・・
あと 正面には「白糸の滝ドライブイン」がどどんと建っているんで なかなか良いアングルでは撮影が不可能・・・
「奥の細道」の舞台と言うこともあって 当然このあたりには芭蕉の残した爪あと(災害か?)もあちこちにあるみたいだぞ。
これは その後に寄った松山町の「眺海の森」とかいう やたら見晴らしの良い場所から撮影した最上川。夕方でモヤも出ていて なんかイマイチ良くわかんないな・・・

でもココからの眺めは非常に良くて 東側にはそびえたつ鳥海山も見ることができたぞ。残念ながら海のほうは霞んでよく見えなかったが・・・

このあと「十二滝」という看板を見つけて そういえばある人が「おすすめ」と言っていたのを思い出し ちょこっと行ってみることに。

結局 遊歩道の入り口までは行ってみたんだが 日が暮れて誰もいない山の中は怖くて 遊歩道を目の前にしながら進む勇気がなくて引き返してしまったぞ・・・

ああ、わしの心臓が健康体なら このような失態は無かったはずなんだが・・・(実に都合の良い言い訳だな・・・)



その後 秋田県との県境に近い 遊佐町の「道の駅・鳥海」に到着。目の前にコンビニがあったんで ここで弁当を買って そのあと 敷地内にある「鳥海温泉・あぽん西浜」なる温泉を堪能。

やっぱ温泉はええのぅ 温泉はええのぅ・・・(そればっか)

さて、明日はいよいよ秋田に突入だ!週末が重なっていることも問題なんだが それよりも明日の秋田県付近は台風の直進コースに見事に引っかかっているが 果たしてそれが吉と出るか凶と出るか・・・・だな。

何がどうなったら「吉」なのかは わしには想像も出来ないがな・・・・



今日の一枚・・・
立川町で見かけた 田んぼの中に並ぶ風車

走行距離328K
出費金額だだちゃ豆アイス・・・180円
鯛諸越・・・100円
月山アイス(こくわ)・・・250円
玉こんにゃく・・・100円
山菜おにぎり・・・300円
弁当・お茶・その他・・・887円
鳥海温泉・あぽん西浜・・・350円
風呂上りの牛乳・・・100円
計・2267円

0 件のコメント:

コメントを投稿