コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2017年5月23日

ミヤマキリシマ@経塚山 / 別府温泉・芝居の湯



なんか春を通り越して一気に夏になったような天気が続いているが、皆様いかがおすごしでしょうかの?

例年 6月第二週の土日休みで テントを担いでくじゅうの坊ヶツルに出向き、登山をしながらミヤマキリシマを鑑賞。法華院温泉に入ってそのままソロキャンプに突入する計画を立てているんだが、、、それをもってトレッキングは秋の紅葉シーズンまで一旦休止となる いわば「春の登山の総括」みたいな意味合いがあるわけじゃ。

が、しかし 今年は今現在わかっている状況で6月第1週末は作業のため休日出社確定、第2週はイベントのため休日出社確定、第3週は自治会の清掃活動のために日曜日の午前中まで拘束決定・・・

(つД`)・・・

と、いうわけで6月にそんな状況なんで 今週末は実家に戻っておいたほうがいいと判断して九州方面に動ける時間も無いから 今年はくじゅうのミヤマキリシマは断念せざるを得まいなあ。
今週末には日田の万年山の山開きが行なわれる予定で ミヤマキリシマの状況もタイミングがバッチリみたいだが やっぱ山開きのようなイベントだと車両の制限もあるだろうし なにより人が多すぎるしな。



そういえば大分・日出の「経塚山」山頂にもミヤマキリシマの群生地がある、という話は知っていたが 行った事は今まで無かったんで 昨日は日帰りで出かけてきたぞ。



経塚山の標高は612M。
本来 高山植物の類のミヤマキリシマがこのような標高の位置に群生地を作ること自体が珍しいんだが、その標高の低さゆえ くじゅうや阿蘇などに比べて2~4週間早いトップバッターで見頃を迎えるスポットなのじゃ!

アンテナ群があるんで頂上直下まで車道が延びていて 単に花を見るだけであれば10分も登ればオッケー、という手軽さで ファミリー向けの人気ハイキングスポットともなっているらしいが・・・

やはり今季トレッキングの〆となる可能性もあるなら10分程度の山歩きで済ませるわけにもいくまい、と、いうことで 尾根つながりの5座もついでに歩き回ってきたぞ(´ー`)

うまくやれば10分くらいの山歩きで済むところを わざわざ範囲を広げて5時間以上も歩き回るのもどうなんだろう?と、実は歩き始める直前までウダウダと悩んでいたんだけどな。

経塚山のミヤマキリシマ自生地 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


そんな経塚山のトレッキングの様子は 例によってYAMAPのほうにレポをアップしているんで 興味のある方はそちらを御覧頂くとして・・・

*************************

2017年5月22日

2017GW南九州一人旅⑩ やまでら鉱泉 / 山寺鉱泉浴場



大隅半島には 道路を走っているとあちこちで石仏を見かけるんだが、どこぞの公民館でこのような石碑を発見ッ!

一見 何の変哲も無い将棋の駒のような石碑だが、これこそ「石敢当」(石敢當:いしがんとう・せっかんとう)と呼ばれる一種の魔よけのようなオブジェだったりする。



中国発祥で沖縄や鹿児島などに多く見られるらしいが 山口県あたりでは馴染みが無いと思う。わしも九州地方に足を伸ばしたときに何度か見かけたことがある程度かな?城下町とか古い町並みなんかに行った時に 辻や三叉路なんかにちょこんと置かれていたり 石に文字が書かれていたりするのを目撃したことがあるぞ。

魔物は直進しか出来ないんで 辻に当たるとそのまま跳ね返って飛ばされた民家に住み着いて災いを起こすらしい。この石敢当は昔の魔物退治の勇者にあやかったものらしいが これに当たると魔物は砕け散ってしまうから 行き止まりにあたるところに置いておけばOK、という まあ一種のゴキブリホイホイみたいなものかな?

***************************

それはそれとして、ツアー2日目の〆としてやってきたのは 鹿屋市の国道504号をすすんだところにある「山寺鉱泉」



国道沿いにこのような看板があるから これを左折して住宅地に入ると その温泉は存在する・・・


2017年5月21日

2017GW南九州一人旅⑨ まさかり温泉 / テイエム牧場温泉

そろそろ2日目も日がだんだんと傾いてきたが、大隈半島の北上を進めて次にやって来たのは「荒平神社」とやら。



わしの所有するツーリングマップルには「岩場に立つ学問の神様」という注釈が書かれているが こういう景観なんでそれなりに人気の有るスポットのようじゃ。



アベックなら近くに「かのや霧島ヶ丘公園」なる恋人の聖地認定スポットがあるし ツウな観光をしたいなら鹿屋航空基地資料館という特攻の歴史を知る施設もあるんだが・・・あえて学問の神様をこの歳になって訪問する意味は一体・・・



天神様だったのか・・・だから学問の神様なんだな・・・



確かに学生とか子連れのファミリーとか そういう客層(?)が目立つかな?
と、いうか 50過ぎのオッサンが一人で参拝する姿が浮きまくっているぞ (-。- )



案外小さい祠が祀られているが やはり天神様なんで絵馬には「合格」の文字ばかりで 特にピピッとくるものはなかったな・・・(←他人の絵馬をチェックする男・・・)



とりあえずオジサンは学生旅行らしき4人組のギャル軍団を遠目に眺めてほくそ笑みながら撤収・・・

*********************

2017年5月20日

2017GW南九州一人旅⑧ 坂元温泉 / アビルランド坂元




ふたたび海岸線に戻って やってきたのは道の駅「錦江にしきの里」とやら。



元々は「錦江町物産館」という地元特産品の直売所のようだが、ここで実家へのお土産などを調達。



名物「あくまき」は・・・以前 お土産として購入したときは食い方がイマイチわかんなかった・・・いや、食い方の問題ではないような・・・とにかく、菓子にしては食い尽くすまでにやたら時間が掛かったような なにかの罰ゲームを受けたような苦い記憶があるんで 今回はパス。



素朴な郷土菓子が目立つが今回購入したのはコチラっ



左から「もしこ」「これ菓子」「羊羹」「いこ餅」「かるかん」の南九州の菓子ファイブをコンプリートじゃ!!

解説すると「羊羹」は判るだろうけど、「もしこ」は炒ったもち粉を水あめを加えて型に入れたもので ネットで調べると「落雁」という説明が出てくる。
これは実家に持って帰って 自分では食ってないから食感がわかんないが 見た感じいわゆる普通の落雁とは違うような気がするんだがなあ。

「これ菓子」は「高麗菓子」と書くらしいが 大陸から来た人の考案なんだろうな。
もち米に小豆を混ぜてパウンドケーキのように型に入れたもので 一言で言えば「四角いおはぎ」じゃ。

「いこ餅」は「炒り粉餅」で 材料を見ると「いこ餅粉」とか書かれていて 「なんじゃそりゃ?」と思ったものだが、その正体は材料に炒ったモチ米を使った餅なんだとか。
「いこもち粉」というのが売られているくらい この地方ではポピュラーなものなんだろうな。

「かるかん」はポピュラーだと思うが 山芋を混ぜた蒸し菓子で「軽い羹」の意味なんだそうな。

**********************

2017年5月19日

2017GW南九州一人旅⑦ 神川大滝

大隈半島の北上は続く・・・



「雄川の滝」を見学した後にやってきたのは またまた滝なんだが、知名度的には雄川の滝よりも上かもしれないコチラは「神川大滝公園」とやら。



どちらかといえば秘境のような「雄川」と比べると こちらは公園化されていてメインの「神川大滝」までアクセスが簡単、ということか。市民の憩いの場所としてGWともなれば結構な人出で賑わっているぞ。

駐車場からすぐのところになかなか立派な滝が流れ落ちていたが、こちらは「小滝」らしい。
裏見の滝にもなっていてそこそこ立派な滝だが「小滝」扱いか・・・





このエリアには「神川七滝」と呼ばれる七つの滝があって それぞれ七福神がモチーフとして与えられているようじゃ。この小滝は「弁財天の滝」ということで芸能とかそういうことにご利益がある、とされているぞ。



そして少し遊歩道を歩くと 公園のメインである「恵比寿の滝」こと「神川大滝」が見えてきたぞっ!





幅35M、落差25Mの流石の貫禄じゃ(´ー`)

渓谷の上に掛かっている滝見橋から見下ろすと これまた絶景らしいが、今回は橋の上まで登っていく体力が微塵も無かったんでパスじゃ(´□`)

(あとで知ったんだが、滝見橋までは螺旋階段をヒーヒー言って登らないといけないが 帰りは滑り台になっている、という趣向らしい。そうと知ってれば登ったんだがなあ・・・)



これは公園から去るときに見かけた たぶん「長次郎滝」(福禄寿の滝)だと思う。
時間が有れば七福神全てをコンプリートしても良かったんだが、ま とりあえずは大滝だけでも満足できる一品だと思うぞ♪

**********************

2017年5月18日

2017GW南九州一人旅⑥ 雄川の滝

大隈半島で一番の観光スポットといえば やはり先端の「佐多岬」ということになろうが 生憎の雨模様では行っても眺めはないだろうし 行くだけの距離も結構ありそうだし・・・

実は佐多岬の近くに無料キャンプ場の存在も確認してて 今回はそこでキャンプをするためにカナブン号には一通りのキャンプ道具も積み込んでいたんだが やはり雨天ではキャンプをする気力も薄れてしまうわけだ。勝手知ったる近場なら濡れたまま撤収もアリだと思うが 流石に知らない土地で しかも旅の途中で、というのもハードルが高いしなあ。



と、いうわけで佐多岬は諦めて半島の鹿児島湾側、根占の町に向かうことに。
ターゲットはズバリ、今回の大隈半島ツアーを思いついたキッカケにもなった「雄川の滝」の見学じゃ!!



・・・ (-゛-;)

***************************



「雄川の滝」は地元では有名な存在だったんだろうが、雑誌やネットで紹介されてメジャーになったのはココ1~2年のことだと思う。
わしが滝への入り口に着いたときは駐車場が満杯ということで そこから何キロか進んだ役場まで行って そこから無料送迎シャトルバスを使うように指示されたぞ。

シャトルバスの運行は今回がはじめての試みだと言っていて わしが第一号だとか伺ったが たしかに運営に多少のグダグダ感があったような・・・

幹線道路の滝入り口から滝の駐車場までは4~5キロはあるし 対向車が来たらすれ違えないような箇所が多い細い道をマイクロバスで進んでいくが やっぱバスの運転手は運転が上手いよなあ・・・ 駐車場が満杯になったからマイクロバスが出るようになったんだが 当然 滝見学が終わったお客さんの車がバンバンやってくるんで乗っているほうがハラハラしたぞ。



そんなこんなで滝駐車場に到着~♪



駐車場から目指す「雄川の滝」までは雄川渓谷の遊歩道を1.2キロほど歩いていくことになるが これが結構しんどいぞ。
上に国道の滝見橋が架かっているが あの橋の真下が遊歩道のちょうど真ん中辺りになる。



趣のある遊歩道をゼーゼー息を切らしながら歩いて いよいよ「雄川の滝」とご対面じゃ!!

2017年5月17日

オートバイ神社&美又温泉会館

今回のソロキャンプのため わざわざ浜田市くんだりまで足を伸ばしたんだが その理由の一つにキャンプ後の汗を流すための温泉も当然考えているわけだ。

浜田市の温泉といえば 有福・旭・美又が代表的なんだが 今回は久しぶりに美又の強烈なヌルヌル湯を堪能したい、ということで キャンプ場撤収後には南下して美又温泉へ。

・・・と、その前に 浜田といえば前々から気になっているスポットがあったんで 今回はそこを確認することに。



で、やってきたのはコチラ、かなぎウェスタンライディングパーク



いやいや、馬はええのぅ、、、(´ー`)



いや、今回の目的は馬ではなくて この施設がある堂床山の山頂にある神社だったりするぞ。
車での乗り入れも可能らしいんで このまま頂上まで進んでいこうッ!!



なんとも素晴らしいパノラマの広がる堂床山山頂・・・ここにちょこんと鎮座する小さい祠、これこそ今回の目的である・・・



ここがっ!!
ライダーのために交通安全の神様が祀られている全国最初のライダーの聖地、オートバイ神社なのじゃ!!( ゚Д゚)クワッ



まあ、わしはバイク乗りじゃないから関係ないといえばその通りなんだが・・・

わしの所有するツーリングマップルは 本来バイク乗りのための携帯用の地図なんで この神社については当然記載があるわけだが、以前から地図を眺めては そのネーミングに興味をそそられていたのじゃ。まあ実態についてはネットで調べてだいたいどんなものかは知っていたんだけどな。

解説を読むと乗馬クラブの敷地内にオートバイ神社がある必然性も説かれているが 「ライダーの聖地」というだけあって 次から次へとバイクが山頂目指して登ってくるぞ。



スマホの自撮り用にスタンドも設けられているな・・・



画像データをしかるべきところへ持って行くと参拝証が貰えるらしい。
このオートバイ神社、北広島にもう一つ存在するらしいが、そっちにはオートバイみくじやオートバイクッキーなんてアイテムがあるらしい。



敷居はこの浜田のほうが低そうだが ちょっと気になるなあ。バイク乗りでないわしが気になっても仕方ないんだろうけど・・・





今回もTHETAは持ち込んでないが さすがに霞が無ければ三瓶山や大山まで拝められると言う大パノラマは素晴らしいの一言。





三角点のある山頂にはアンテナが並んでいる。



大阪などの大都会やブラジル、北朝鮮など 方向と距離が書かれているが あまり参考にならんな・・・イスラム教徒のためにメッカの方向とか書いておいたほうが良いんじゃなかろうか?



オートバイ神社があるだけあってバイクや車でも山頂に辿り着けるから 展望がいい割に登山対象にはなってない山なんだろうな・・・



***********************

2017年5月16日

新幕デビューソロキャンプ@石見海浜公園



この週末も例によって登山&キャンプを予定していたんだが、山のほうは前日の雨が朝方まで残っている予感がしたんでトレッキングは見送ることに。(単に寝過ごしただけ、とも言う・・・)

TARO先生も友人いしも予定がありそうなことを言っていたんでソロでキャンプだけを行なうことにしたぞっ!今日はそのレポじゃ!!



ソロキャンプなんて特に何をするするわけでもなくボーッと過ごすだけ(まあグルキャンでもそれは同じなんだけど)なんで 近場でも良かったんだが、同じ場所は飽きてしまうんで今回は少し足を伸ばして久しぶりの島根県浜田市の石見海浜公園をチョイス。

ここはオートキャンプやケビンはともかく フリーサイトは受付さえすれば無料という太っ腹な施設。海浜公園というだけあって海の眺められるサイトでトイレや水道も完備。ゆえにライダーやソロキャンパーには割と人気のあるスポットだと思う。



ただ、難点はサイトは車両侵入が禁止されているんで駐車場からフリーサイトまで100M以上を荷物をエッチラオッチラ運ばないとダメなところかな・・・

ライダーのソロキャンプであれば必然的に荷物は少ないだろうが ファミキャンやグルキャンなど重装備のキャンパーには余り人気が無いのも道理なわけだ。逆に言えばそれゆえに大抵は孤高のキャンパーのみが集う静かなキャンプが楽しめるわけだ。



今回はこのような高台の一角を占拠してココに陣を敷くことに。

わしも目標は出来るだけ荷物の少ないシンプルキャンプなんだが、なんだかんだでコロ車を使って駐車場まで3往復をすることに・・・夏場だったらそれだけでヘロヘロになるなあ。
登山キャンプのように使うものを必要最小限に絞っていけば1回で行けないことも無いはずなんだが なんだかんだでいろんなシチュエーションを想像してあれやこれや持ち込んでしまうものよ・・・

こーゆーサイトを使うと 普段いかに自分が無駄な装備でキャンプをしているのか身にしみて知ることが出来るから 不便だと思いつつ やはりたまには利用しなければ、と思うわけだ。

でも 一発で大量の荷物を運べるキャリーワゴンの導入も本気で考えたくなったのは秘密だけどな・・・ (-。- )

**********************