コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2015年9月14日

岩倉キャンプ場

さて、この週末・土曜は久しぶりに山登りなどに精を出していたんだが、トレッキングレポは写真の整理に時間が掛かりそうなんで 今日は登山と温泉の後にキャンプのために出向いた岩倉キャンプ場のレポをちゃっちゃと紹介しておこうっ!



わしはできるだけ登山と温泉とキャンプはワンセットにしたいと考えているわけだが、今回利用したのは広島県廿日市の岩倉キャンプ場。

広島近郊のキャンパーのブログなんかでは良く紹介されているスポットなんだが、わしは今回が初利用だったりする。
この岩倉キャンプ場は 友人いしが広島・山口県境を散策するときに何度か拠点に使っていて この週末も利用する、ということで わしも野営地のレパートリーを増やしたかったんで 便乗させてもらうことに。
ちなみに週末に登った白滝山も ここでキャンプをするということを念頭にセレクトしたりするわけじゃ。



受付の管理棟に人が居るのは5時半まで、ということで なんとかギリギリセーフで入場・・・
ちなみに受付に間に合わなくても翌朝に見回りに来るらしいぞ。

料金は一人一日400円。キャンプの場合は日にちを跨いでしまうんで2日分の800円が徴収されるが わしの場合は身障者割引が使えて半額の400円。

身障者割引を利用したキャンパーが サイトにふんぞり返ってタバコは吸うわ酒は飲むわの光景を管理人が見たら 果たしてどう思うのかはさておき・・・(-_-;)



今回は入り口近くの第二キャンプ場をキープ。

岩倉は入り口から受付までの道路を挟んで 管理棟前に1サイト、我々が設営した第二サイト、そして芝サイトとバーベキューサイトという構成。



区画割りはされておらず車両も乗り入れが出来るフリーサイトで 基本 早い者勝ちでどこでも設営できるようじゃ。

***********************





キャンプ場内に神社もあるんだな・・・



最近出来たばかりのライトハウスには綺麗なトイレと24時間利用可能なコイン式温水シャワーが。

何年か前に岩倉温泉に入りに来たことはあるが、現在は廃業。入浴施設は車で数分の小瀬川温泉か道の駅スパ羅漢あたりになるんだろうな。



詳細は書かないが マナーは守って利用したいものよのぅ・・・(-_-;)



このテントのすぐ下が川になっていて 夏場は子供達の格好の遊び場となっている。

川遊びの出来る時期だと相当の賑わいになるんだろうが、やはり広島の市街地から近い距離にあって料金も手頃、ということで 今の時期でも結構ファミリーキャンパーが多かったな。

我々としては静かなキャンプ場を好む傾向にあるんだが、まあ子供の歓声や祭囃子を「五月蝿い」と苦情を言うほど神経質と言うわけでもないし 歳をとると孫ほどの子供の駆け回る姿を眺めるのも なにか微笑ましい気持ちになるものじゃのぅ。

いやいや、やっぱ子供は元気に越したことは無いが 欲を言えば歓声をあげて走り回る子供は男の子より女の子のほうがええのぅ・・・(´ー`) (←あぶないオジサン?) 

結婚もしてないわしが言う権利はないんだが、何故わしの周りには50にもなって独身の野郎ばかりで 子持ちメンバーでも何故女の子には恵まれてないんだろうな。



今回わしの幕はヨーレイカスピットファイア、友人いしはいつものコールマン ソロ130。そしてTARO先生は新兵器のお披露目だったが、新幕はドッペルギャンガー・ビッグストレージワンタッチテント



う~ん、確かに広い・・・自転車が3台は収納可能なタープ部は伊達じゃないぞ。

一応3人用みたいだから 親子とかアベックでの利用、あるいは完全ソロスタイルだと なかなか使い勝手も良さそうじゃ。

ただ、我々のキャンプのように 個人個人がソロテントを持ち寄って設営するスタイルだと 宴会場にでもしない限り全く意味が無いような気もしないでもないが・・・友人いしが「TAROが設営をめんどくさがって 次回からはケシュアに戻って このテントの完全な姿を見るのはこれが最後かも・・・」と予言していたが、確かに一人で寝るだけなら空間も持てあまし気味かな・・・設営はワンタッチで確かに簡単なんだが やはり空間に置く何かが欲しいところだな。

わしだったら同じドッペルのシリーズなら 芸人ヒロシが宣伝しているぼっちキャンプセットをオススメするんだが・・・



わしのスピットファイアは カッチョいいとは思うんだが、前室はおろか靴を置くようなわずかなスペースも皆無なんで この2つのテントを見ていると 友人いしのコールマンがいかにコストパフォーマンスと使い勝手に徹底しているかが良く判るな。

**********************



今回のキャンプのテーマは「秋秋刀魚を食べよう」ということで、とりあえず焚き火台でサンマを焼き焼き♪



メインはTARO先生特製の鍋。(何の鍋だったかは不明・・・)

鍋とかサンマとか いよいよそんな料理が似合う季節になってきたなあ。これからがキャンプのベストシーズンなんで わしも12月までは可能な限り土日休みで天候が許せばキャンプを楽しむ所存じゃ♪

・・・例によって 食ってダベって寝るだけのキャンプなんで 特に何もネタになるようなことも無く 日曜日の朝にテント類の乾燥だけ済ませて今回は終了じゃ!



2 件のコメント:

  1. BARAさん、おげんこ?(岩国の方言で「元気にうんこしてますか?え?血便??またまたぁ♪~」の意)

    岩倉>私も昔の地図に載ってたので温泉目当てにしようかと思ってたのに・・・・・・
    まぁ、家族向けにはBESTな感じですが。欲を言えばもっとハードな感じが欲しいです(?)
    白滝山とか私からも近い処ですな(笑)三倉岳なら麓で野営できますが・・・(誘い?)

    テント>いしさんのコールマンはやはり良い選択だと思いますね。私は少し前に「タビト」が欲しかったんですがどこも売り切れで諦めた経緯が。TARO先生・・・ドッペルはチョん・・・ゲフゲフッ・・・・・・てっきりケシュアのNEWかと予想してましたが。意外です。
    師匠は安定のヨーレイカ(よぅ、霊か?)ですね!メーカーの宣伝ビデオ観てから少し魅かれてます。
    >秋もぼちぼちで良い季節が来ましたね~!皆さん健康で良い旅を!




    返信削除
  2. ども、SW前に目の前の厄介ごとに追われている者です(=゚ω゚)ノ

    岩倉は確かにファミキャン向きですが 完全ソロで使うのはちょっと考えますね。それこそ近くに三倉もありますし。
    ただ あれだけ賑わっていると霊の心配がないのはポイント高いです。結構広島・山口のアウトドアブロガーの御用達になっている場所なんで仲間を増やすとかグルキャンにはベストだと思います。あと身障者割りが効くのも。

    TARO先生のドッペルが今後どのくらい活躍するのか それは誰も知りません・・・

    返信削除